モナコ公室主催「薔薇の舞踏会」に出席いたしました。

BRose2017

モナコ公室主催「薔薇の舞踏会」が、2017年3月18日(土)モナコ公国のスポルティングクラブ Salle des Etoiles にて、カロリーヌ公女のご臨席の元、華やかに開催されました。

今年のテーマは『ウィーン分離派 ” la Sécession viennoise “』。オーストリアで花開いた後ヨーロッパ全土に広がり、アールヌーボーの中でも特に洗練する芸術といわれている” la Sécession viennoise “の世界を、今年も、モナコ公室との親交も深いCHANELのカール ラガーフェルドがプロデュースを担当。優美でエレガント、そして想像をはるかに超える美しい世界が広がりました。
 
エコール ド プロトコール モナコでは毎年「薔薇の舞踏会」への出席を海外研修の一つとしており、所定のレッスンを修了され、条件を満たした生徒様には「薔薇の舞踏会」へご出席していただくことができます。
 
今年も、代表 畑中由利江、認定講師 嵯峨裕美子、マネジメント 加藤学とご一緒に、初めてのご出席となる11名の生徒様を含む、21名の皆さまを「薔薇の舞踏会」へご案内させていただきました。

by 事務局EPM

コメントを残す