畑中由利江が聖マウリツィオ・ラザロ騎士団よりDAMEの称号を授与されました。

ae5335dc-s

2016年10月9日イタリア ローマにて、エコール ド プロトコール モナコ 代表 畑中由利江が、世界三大騎士団の一つで最も歴史のある”聖マウリツィオ・ラザロ騎士団”の、第17代グランマエストロ、ナポリ公爵ヴィットリオ・エマヌエレ・ディ・サボイア名誉総長及び、副名誉総長イタリア旧王家エマヌエーレ・ディ・サヴォイア皇太子殿下より「DAME」の称号を授与されました。

叙勲式は厳かな雰囲気の中執り行われ、午後はヴァチカン市国のサンピエトロ大聖堂にてローマ教皇によるミサに出席いたしました。

これは、畑中由利江がこれまでに行ってきた、日本と欧州における文化交流活動の実績が評価されたもので、畑中はこの度の叙勲にあたり、「今後も日本と欧州の架け橋となり、日本の素晴らしさを世界に伝える活動を増やして参りたい」とコメントを発表いたしました。

エコール ド プロトコール モナコでは、今後も多くの日本人が世界基準で人生を愉しむことができるよう活動して参ります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

by 事務局EPM

コメントを残す